\ドラマ・アニメ・映画など動画配信中のサービスを比較して紹介中(無料配信あり)/

日本ドラマ『グッドドクター』の動画を全話無料でイッキ見するならコチラ

日本ドラマ『グッドドクター』は、フジテレビ系の木曜劇場ドラマになります。

主演は山﨑賢人さんで、驚異的な暗記力を持つ一方、コミュニケーション能力に障害があるサヴァン症候群の青年・新堂湊(しんどう・みなと)役を熱演したことでも話題になっていますね。

純粋な小児外科医として、子どもたちの命のために闘う姿にもう涙なしでは観られません!

そんな日本ドラマ『グッドドクター』を全話無料でイッキに観ることができるサービスがあります。

あらすじや感想・口コミと合わせてご紹介しますので楽しんでくださいね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

FODプレミアムを初回2週間無料
トライアル
で楽しむ!

今すぐ無料でお試し

初回2週間無料トライアルの
期間中に解約すれば解約金などは
一切かかりません。
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

FODおすすめポイント
月額料金888円に対して貰えるポイントは最大1300P(無料期間でも!)
アニメや映画、フジテレビ系ドラマやバラエティ30,000本以上を見放題!
FOD独占配信作品やオリジナル配信作品も多数あり
追加料金なしで雑誌が【130誌】以上読み放題!

※2020年7月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

日本ドラマ『グッドドクター』の動画を全話無料で楽しむ

動画配信サービス名配信状況
FOD(フジテレビオンデマンド)第1話から最終話までFODで視聴可能

日本ドラマ『グッドドクター』の全話動画はFODで無料視聴できます。

FODは月額課金のサービスなんですが、Amazon Pay(アマゾンに登録してるクレジットカードでの決済)で支払うことで、初月は無料で利用できますよ。

無料期間中のいつ解約しても料金がかからないのでお得です。

FOD内の無料コンテンツを好きなだけ見られますし、さらには無料で読める電子書籍もたくさん楽しめます。

関連記事

動画配信サービスFODのメリット・デメリットを、使用しているからこそわかる2020年最新情報でお伝えしますよ♪FODを知らなくても詳しく説明しますので期待してくださいね。[afTag id=654]FOD(公式)のメリットは[…]

日本ドラマ『グッドドクター』をFODで無料視聴する

配信
2週間無料
▶今すぐ見る
配信
2週間無料
配信
2週間無料

※紹介している作品は、2020年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで日本ドラマ『グッドドクター』の動画を無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

日本ドラマ『グッドドクター』を安心・安全に無料視聴するならFODプレミアムをお試し体験しましょう!

FODプレミアムはこちらから>>

日本ドラマ『グッドドクター』の各話あらすじ(1話~最終話)

\タップすると見られます/

ドラマ『グッドドクター』第1話のあらすじ

朝の通勤時間帯。新堂湊(山﨑賢人)は初出勤のバスに揺られている。その手には木彫りのメスが握られていた。
その頃、小児外科医の瀬戸夏美(上野樹里)が働く東郷記念病院では会議が開かれていた。そこには小児外科主任の高山誠司(藤木直人)も出席。議題は人件費削減などによる改善策だ。理事長の東郷美智(中村ゆり)に採算性が悪いと指摘された小児外科の科長、間宮啓介(戸次重幸)はただでさえ人員が足りないと悲鳴をあげる。高山も赤字とは言え小児病棟が減少している中、自分たちの科は子どもたちの最後の砦だと反論。高山の意見に賛成する病院長の司賀明(柄本明)は人員不足の小児科に今日から新しいレジデントを招くと告げる。副院長の猪口隆之介(板尾創路)は黙って双方の意見を聞いていた。

レジデントは湊。大学を首席で卒業していたが、司賀はひとつだけ問題があると提示。湊は自閉症スペクトラム障がいだった。医師たちに反対されるが、司賀はサヴァン症候群でもあるの湊の医師としての能力を高く評価している。

湊がバスを降りると事故が発生。見ると子どもが怪我をして倒れている。通りがかりの医師が容態を診るが、湊は彼の手順を止めて自ら応急処置を施す。湊が子どもの処置を終えた時、救急車が到着。初出勤の病院に急ぎたい湊だが、子どもに付き添うことになる。
東郷記念病院では夏美がERから子どもの受け入れを伝えられた。到着した救急車からは子どものストレッチャーと一緒に湊も現れる。

ドラマ『グッドドクター』第2話のあらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は問題を起こしながらも東郷記念病院小児外科でレジデントとして働くことになった。
そんな時、女子高校生の菅原唯菜(山田杏奈)が学校で破水して救急搬送されてきた。カンファレンスで瀬戸夏美(上野樹里)は唯菜の緊急出産を報告。赤ん坊は低出生体重児で 腸のほとんどが壊死状態で壊死性腸炎が認められると続けた。しかも、唯菜はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦だった。

その頃、病院の廊下で雑用をしていた湊は歩いて行く唯菜を見つける。唯菜はNICU(新生児集中治療室)で保育器に入れられたわが子にしきりに謝罪していた。すると、湊がこのままだと赤ちゃんは死んでしまうが助かる方法はあると言ってしまった。

唯菜の病室に検診に行った夏美は、高山誠司(藤木直人)の手術なら助かると湊が言ったと聞いて驚く。夏美からの報告を受けた高山は湊をきつく叱る。高い術中死がともなう手術はせずに温存治療で赤ちゃんの回復を待つという医局の方針に反していたからだ。湊は夏美からも唯菜の病室やNICUには行くなと言われてしまう。

子どもを助けたい一心の唯菜は夏美に手術をして欲しいと食い下がる。だが、未成年の唯菜では保護者の手術の同意書が必要だと夏美が諭す。すると唯菜の母、真紀(黒沢あすか)がやって来た。唯菜の妊娠、出産を責める真紀は手術同意書へのサインを拒否する。
夏美に叱られながらもNICUへ通う湊は、赤ちゃんの診断画像からあることに気づいた。

ドラマ『グッドドクター』第3話のあらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は病院のガイドラインを破ってしまった。問題となった新生児の手術は、高山誠司(藤木直人)が成功させたものの、責任の所在が問われることに。高山は全ての責任は自分にあるとして、謹慎処分を受け入れた。

高山のいない小児外科は大忙し。しかし、高山を謹慎に追いやった張本人のはずの湊は、周囲の目から見ると責任を感じているようには見えない。瀬戸夏美(上野樹里)にも負担がかかるが、彼女の目下の問題は翌週に手術を控えた石山舞(中島琴音)の説得。夏美は怖がる舞に、手術を優しく解説した絵本を描いて渡した。その時、夏美にERから連絡が入る。
病院に運び込まれたのは6歳の市川美結(竹野谷咲)。病院をたらい回しにされ、既に発症から4時間以上が経過していて容態は重篤だった。夏美は高山に連絡するが繋がらない。謹慎中の高山は、東郷美智(中村ゆり)と久しぶりに二人で過ごしていたのだ。

美結の両親である英雄(髙橋洋)と詩織(前田亜季)は、どうか娘を助けて欲しいと処置室で湊と夏美にすがりつく。美結の様子を見た湊は、一目で緊急手術が必要だと夏美に訴え出す。間もなく美結が心停止。夏美の懸命な心臓マッサージで一命を取り留めた時、間宮啓介(戸次重幸)がやって来た。間宮はすでに美結を手遅れだと判断し、他の病院に回すよう告げる。自分が手術をすると決意する夏美。
そして美結の手術が始まろうとした時、ようやく高山と連絡が取れる。高山は自分が到着するまで、美結の命をつなぐよう指示するが…。

ドラマ『グッドドクター』第4話のあらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は瀬戸夏美(上野樹里)と綾瀬奈緒(川島夕空)の病室に行く。術後の不快感を訴える奈緒だが、稚拙なために夏美は要領を得ない。すると傍らで聞いていた湊が症状を言い当てた。奈緒や心配していた同室の子どもたち、夏美も湊に感心。湊と夏美が病室を出るとナースステーション付近で騒ぎが起きていた。緊急搬送された少女が暴れていたが、湊が近づくと静かになる。

少女はオペが必要なのだが、一切話をしないので身元がわからない。しかし、湊は自分が担当医になると高山誠司(藤木直人)に願い出る。高山や夏美、医局のメンバー全員が反対するのだが、間宮啓介(戸次重幸)が来て湊を少女の担当医にしてしまう。間宮は湊に問題を起こさせようとする猪口隆之介(板尾創路)の指示で動いていた。
湊は張り切って少女を診るが、心はなかなかほぐれない。そんな時、少女の母親、大石薫(瑛蓮)が名乗り出て病院に来た。少女の名はあかり(高松咲希)。湊は薫にあかりの病状を説明、夏美は言葉を発さない理由を尋ねる。薫は自分があかりの継母だからかもしれないと話した。

薫が帰ると湊は一緒に絵を描こうとあかりに話す。薫が持って来たあかりのバッグにお絵描きノートが入っていたからだ。しかし、湊がバッグに触ろうとすると、あかりが奪い取る。夜、湊があかりの病室に行くとお絵描きノートが落ちていた。拾い上げた湊に、あかりが「誰にも言わないで」と話しかけて…。

ドラマ『グッドドクター』第5話のあらすじ

東郷記念病院の大部屋では新堂湊(山﨑賢人)や橋口太郎(浜野謙太)たちが患者の子どもたちとテレビを食い入るように見ている。番組には天才ボーイソプラノ歌手、羽山響(城桧吏)が素晴らしい歌声を披露していた。特に患者の武智倫太朗(斎藤汰鷹)は響の大ファン。そして、倫太朗たちは院内で行われるお楽しみ会で合唱を披露することになっていた。

その響が喉の不調を訴え、父の徹郎(三浦誠己)に伴われて東郷記念病院に来た。瀬戸夏美(上野樹里)が診察すると喉が酷い炎症を起こしている。カンファレンス室で響の造影CT結果を見ながら意見を交わす医師たち。すると高山誠司(藤木直人)が湊に所見を求めた。湊は画像から下咽頭梨状窩瘻と判断。高山が正解だと告げると喜ぶ湊。しかし、夏美は高山が湊を画像診断科に転科させると言っていたことが気になっていた。

響には早急の手術が必要だったが喉の手術のため、術後に高音が出なくなることが懸念される。夏美の説明に徹郎は、歌手である響にそんなリスクのある手術は受けさせられないと反発する。
ともかく入院することになった響。それを知った倫太朗たちは大喜び。湊は倫太朗たちと響の個室に行く。だが、響は倫太朗たちに冷たい。また、湊が響を倫太朗たちの合唱に誘おうとしたと知った徹郎の怒りも買ってしまう。その後、さらに響の早急な手術を求めた湊は徹郎とぶつかってしまい、高山から転科を直接求められることになった。

ドラマ『グッドドクター』第6話のあらすじ

新堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。高山から当直医も任されることになった湊は、さらに活き活きと働き出す。だが、夏美は湊が心配。湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。すると司賀はこの件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。

高山は医局に湊たちを集める。そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。そのため、帝王切開の分娩時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、皐月は小児外科医に依頼する。だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。

湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。湊は高山から渡されたEXITに関する大量の文献を読み漁った。だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。湊は航と食事に行くことを約束する。これを知った夏美は司賀に報告して…。

ドラマ『グッドドクター』第7話のあらすじ

小児外科でカンファレンスが行なわれている。新堂湊(山﨑賢人)は高山誠司(藤木直人)が質問する森下伊代(松風理咲)の肝障がいへの対処法を正確に答えた。高山は湊を伊代の担当医に任じるが、同じレジデントの中島仁(浅香航大)は面白くない。瀬戸夏美(上野樹里)は自分にもわからなかった対処法なので仕方がないと中島を慰める。

夏美を訪ねて倉田菜々子(福田麻由子)が病院に訪ねて来た。菜々子はかつて夏美が担当した患者。現在は保育士として働く菜々子は、同僚の馬渕健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが卵巣摘出手術を受けたことを言い出せないでいた。そこで、夏美から健太郎へ話して欲しいのだ。夏美は健太郎に説明する。卵巣がひとつ残っていれば妊娠も可能だと言う説明に健太郎は、気持ちは変わらないと答えて結婚へと進むことになった。

一方、高山は東郷美智(中村ゆり)から別れを切り出された。経営者として小児外科廃止へ向かう美智は、高山とは一緒にいられないと告げる。高山もチームを必ず守ると別れを承諾。美智は司賀明(柄本明)にも病院の方針を告げた。その時、美智は院長室のゴミ箱に司賀本人の診断書を見つけてしまう。
菜々子は母の良枝(山下容莉枝)に健太郎との結婚を報告。だが、菜々子は激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送された。菜々子の担当医は本人の希望で夏美となり、伊代と同じ病室に入院する。菜々子は脳に異常はなかったが…。

ドラマ『グッドドクター』第8話のあらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は森下伊代(松風理咲)の恋にお付き合い。伊代は滝川亮平(萩原利久)が好きなのだが恥ずかしくて声をかけることすら出来なかった。湊には伊代の気持ちがわからない。病と闘いながらも入院生活を少しでも楽しく過ごそうとする子どもたちがいる一方、深刻な問題に直面する子どももいる。

瀬戸夏美(上野樹里)は患者の早見陽翔(鳥越壮真)と母、香織(酒井若菜)と長男の翔太(池田優斗)を心配していた。香織は高山誠司(藤木直人)に陽翔を診てもらうため翔太を連れ、夫を残して東京へ来ている。夏美は香織の看病疲れはもちろんだが、陽翔のために転校した翔太の環境変化も気にかけていた。
夏美と湊が回診に行くと、陽翔が次の日曜日に外出したいと願い出る。湊が外出には高山の許可が必要だと説明していると、香織が階段から転落して運ばれて来たと連絡が入った。病室に運ばれた香織は命に別状のあるような怪我はなかったが、陽翔には今日は家の用事で行けなくなったと話して欲しいと夏美たちに頼む。すると香織に付き添ってきた翔太が部屋を出て行く。

湊は翔太を追いかけ、陽翔の病室に案内しようとする。だが、翔太は湊の言葉を聞こうともせずに去ってしまった。湊は翔太がなぜトゲトゲしくなっているのか理解出来ない。
その日、湊は帰り道に酔っ払ってクダを巻く男に出くわす。それは間宮啓介(戸次重幸)。間宮も翔太のようにトゲトゲしいと湊は感じる。

ドラマ『グッドドクター』第9話のあらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は、瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)たち小児外科チームの一員として認められてきた。 東郷記念病院の経営を立て直すために、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決される。小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。
湊が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。湊は夏美とともに伊代の姉、汐里(松井愛莉)に病状を説明。伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里はドナーになると言う。また、汐里は湊たちに伊代には自分から説明したいと頼んだ。

高山は脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談を持ちかけられる。亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためこの方法が取れない。また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する。

亮平は伊代の隣の病室に移されて来る。大喜びの伊代だが、自分の症状やドナーの件は、まだ汐里から知らされていなかった。一方、夏美は担当となった亮平の病状を猪口隆之介(板尾創路)から聞かれる。

ドラマ『グッドドクター』第10話(最終回)のあらすじ

東郷記念病院は小児外科の廃止へと向かっていた。だが、新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添っている。これまでずっと支えてきてくれた司賀の病状を初めて知り、湊はショックを隠せない。その時、湊に森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入る。司賀に今心配すべきなのは自分ではなく子どもたちだ、と促された湊は伊代の病室へ急ぐ。

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話す。そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けた。しかし、伊代は小腸の移植も予定されている。高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがない。そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。

公式HPより引用

日本ドラマ『グッドドクター』の全話視聴した感想・ネタバレはこちら

\タップすると見られます/

ドラマ『グッドドクター』の全話視聴した感想・ネタバレ

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★
山崎賢人さん出演作品で初めて観たのがこのドラマでした!あまり山崎賢人さんの演技を拝見したことがなかったのですが、『グッドドクター』がきっかけで、とても好きな俳優さんになりました。山崎賢人さんが出演される作品は、観るようになり、毎回様々なキャラクターを演じていて、幅広い役をこなせる方だと思いました。
『グッドドクター』では、自閉症という難しい役どころを1つ1つ丁寧に繊細に演じてらっしゃって、ドラマの役作りのために、相当勉強したんだろうな、と思いました。自然に新堂湊をリアルに演じていたので、ドラマの内容も観てる側も凄く入り込みやすくて、毎回号泣でした。こんなにも感動して泣ける病院を舞台にしたドラマは初めてでした。とにかく、色々な温かさを感じられるストーリーです。湊が、子供たち皆を大人にしてあげたいという真っ直ぐな想いを胸に小児科の現場で奮闘していて、子供たちとしっかり向き合う温かさ。そんな湊を支え、サポートする先輩医師役達の温かさ。病気を乗り越えるために、家族それぞれが悩み葛藤し、前を向こうと支え合う温かさ。人は皆、誰かに支えてもらっていて今があるし、当たり前のように過ごしている日常は実は当たり前ではないことを改めて思わせてくれるドラマです!大人から子供まで皆が観て、普段は気づけない、何かを感じられると思います。何度観ても泣けるくらい、私はこのドラマが大好きです!


20代女性
★★★★★
障害を持った医者が主人公の話で、今までにない斬新な設定だったのですが、毎回主人公のまっすぐな心に心を打たれました。障害がある上に、周りからは冷たい態度を取られるのですが、子供を救いたいという純粋な心で、子供達を救っていきます。主人公の、「すべての子供が大人になれますように」という言葉には、ハッとさせられました。子供はなんとなく元気に成長していってくれる気がしますが、登場する病気の子供達の人生を見ていると、元気にいられることは奇跡であり、感謝しなければならないのだと感じさせられます。子供達の生きたいという気持ち、それに寄り添う医者や看護師の物語に、一話ずつ涙なしには見られませんでした。障害を持つ医師を演じた山崎賢人さんの演技にも注目です。

全話視聴した感想・ネタバレ

50代男性
★★★★★
自閉症というハンディを持ちながらも小児科医師を目指す新藤湊先生は、自分も勇気づけられます。
ピュアな心を持ちながらも、画像解析に関しては天才的な能力を発揮します。
兄の死が湊の心を動かした気がしました。
お兄ちゃんは大人になれなかったので、子供たちを大人にさせたかったのだと思います。
親には恵まれませんでしたが、周りの人たちのサポートが分厚かったです。
自分は一人じゃない、理解してくれる人もいることで患者や仲間から信頼されています。
子供たちからは、イケメン先生と言われることがありますが、本人は意味が分かっておらずイケメン先生ではありません。
新藤湊と言います!と言い放っています。
おにぎりが好きなところは、裸の大将に似ています。


20代女性
★★★★
グッド・ドクター(日本)は日本のアレンジの良さがあるよ
原作となった韓国ドラマの方を先に観てたけど、日本バージョンも良いなって思った。
日本版では恋愛要素は抜かれて障がいを持っている医者をメインに描かれるんだけど、そのアレンジが気に入った!
もしそのままカバーしていたら、日本だと無理に恋愛に繋げるような要らない演出になっていたと思うんだよね。
そこの判断が上手だなって感じたし、山崎賢人さんの演技が良かった!
あんまり演技が得意じゃないイケメンなのかと勘違いしてたけど、役になりきれる人だっていうのが分かった。
今までの恋愛メインの作品では、本領発揮出来なかったのかな。この作品の方が、大分難しい役どころだと思うんだけど…。
上野樹里さんっていう演技派俳優さんの横に並んでも浮いてなかったし、山崎さんは不思議な俳優さんだな。
丁寧なストーリーとキャスト陣の良さで、期待以上だったよー。

全話視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★
障害を持つ人が医療を施すことを、どう思いますか?「障害を持つ医師には任せられない」「完全無欠の人よりも、少し障害を持つ人の方が、他者の痛みが理解できるので、医療者になっても良い」等と、賛否両論あると思います。グッドドクターでは、山崎賢人が演じる自閉症の小児外科研修医(新堂湊)が、周囲と様々な衝突を起こしながらも、医師として成長していく姿が描かれています。ドラマでは、最初は受け入れられなかった新堂が、少しずつ周囲へ受け入れられていく過程が描かれていますが、実際の医療現場には、まだここまでの受け入れ体制は整っていないなぁと、元看護師としては現実離れしたストーリーだと思います。でも、だからこそ、「障害者の医療職」を肯定することができるような日が来ることを願いたい、そういう日が本当に来るかもしれないと思えるようなドラマです。


30代女性
★★★★★
コミュニケーションが苦手だけど、医学的な記憶力に優れている自閉症の青年が小児科の先生を目指すために、研修医としてやってくるっていうお話しなんだけど本当に素敵なドラマだったよ。新堂湊役を演じた主演の山崎賢人さんの演技が上手で、この役にぴったりだなって思えるくらい最高な配役だったよ。こんなに演技が上手なんだって思わなかったからすっかりファンになっちゃった。子役の子たちの演技もすごかったし、病気と戦う姿や、湊のひたむきな姿に感動させられて、毎回泣きながら見たんだ。上野樹里さんの先輩役もとても良くて、湊をフォローしながら温かく見守っている様子がなんだか心暖かくて、それもこのドラマの魅力だなって思うよ。まだ見たこと無かったら絶対見たほうがいいよ。心が洗われる素敵なドラマだよ。

全話視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★★
自閉症スペクトラムでサヴァン症候群の研修医が患者や患者の家族たちの心を勇気づけ、病気と戦う気持ちを再び取り戻していく感動ドラマです。大人になれない子供たちがこの世の中にはたくさんいる事実はある程度は知っていました。その現実に目をそむけていた私には、心が痛むドラマでした。特に子供の脳死の話は本当に考えさせられました。その後の臓器移植の件も、親の立場だったらどんな気持ちだろうと真剣に考えました。湊先生のように例え、障がいがあっても患者の気持ちに寄り添える医師の存在は大きいと思います。正直過ぎたり、融通がきかなかったりしますが、嘘はつなないし、裏表がないから安心出来ます。ドラマのラストから続落があると期待しています。


30代男性
★★★★★
【暖かい涙を流せる作品】
主役の山崎賢人さんがサヴァン症候群の青年を演じるという、さましく新境地の役柄だった。
彼の記憶能力はずば抜けていて天才そのものだけど、障害者というレッテルを貼られて病院内で厄介者扱いされる場面が凄く心が痛かったな。
でも、その純粋すぎる性格と真摯に医療と向き合う姿勢は凄く心打たれたし、周りの評価も変えていった。
そんな彼は小児科医として働いているんだけど、舞台が小児科ゆえに子供の病気という辛い現実が見え隠れしていたな。
子供が病気で苦しんだり亡くなったり、目を覆いたくなる場面もあったけど、主役の山崎賢人さん演じる新堂先生の行動や暖かさに凄く感動した。
こんな先生が小児科にいたら、多くの子供たちが救われると思う。
見ていて心が洗われるというか、純粋に綺麗で暖かな涙を流せる医療ドラマだと思った。

全話視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★
再放送にはまってしまいました。瀬戸先生役の上野樹里さんは大好きな女優さんなので、そこに少しわざとらしい演技の湊演じる山崎健人さんが自閉症の小児科医、最初は痛いなあと感じていました。でも、回を重ねるごとに引き込まれてしまいました。衝撃的だったのは、湊がTVに出てお父さんがそれを見て会いにきた回。お父さんにとっては、頼りになる長男が亡くなりなぜ、障害のある弟の湊が生き残ったのか、同じ自分の息子でありながら、愛せない湊への想いは、立派に成長し小児科医となったにもかかわらず、愛情には変わらなかった。それなのに、湊はどんなひどい思い出のある父親に対してもかわらず愛を求めて疑わない。その気持ちを感じて、父は変わるのかも、と淡い期待を持って見守ったけど、やっぱり無理だった。現実の厳しさ、でも、愛されている本当の父親のような司先生に守られて、ほっとしました。
現実では難しい話だと思うのだけど、上野樹里さんの爽やかさと、山崎健人さんの憎めない笑顔、藤木直人さんのいつもかっこいい先生、安心して見れて、私も頑張ろうって暖かい気持ちになれました。
また、続編みたいです。
実は韓国版のリメイクだったって、知りませんでした。


40代女性
★★★★★
グッドドクターはただの医療ドラマじゃない!
韓国ドラマを最初に見たのですが、とても素晴らしい作品で日本でリメイクされると聞いた時はとても嬉しかったです。それと同時に、まずサヴァン症候群という難しい役柄を誰が演じるのかなぁと思っていたら山崎賢人さんが演じられると聞き、どんな風に演じられるかとても楽しみでした。演技に定評のある俳優さんでもありますし、韓国版とはまた違った雰囲気になりそうだなぁと思いながら見てみると、山崎さんの演技がとても柔らかくて、子供に対する優しさや思いが溢れてる優しい感じがとても良かったです。障害に負けずひたむきに子供達や医療に向き合う姿が心を打たれました。同僚の上野樹里さんや上司の藤木直人さんも時には厳しく時には温かく見守る姿に、最初は否定的な周りが最後には湊を1人の医者として認める事になるところは感動しましたし、続編があればまた見てみたいなぁと思う作品でした。

日本ドラマ『グッドドクター』のキャストたちのご紹介

新堂 湊役(山﨑賢人)

こんな作品にも出演

日本テレビドラマ『トドメの接吻』(2018年)
TBSドラマ『陸王』(2017年)
日本テレビドラマ『デスノート』(2015年)
映画『キングダム』(2019年)

瀬戸夏美役(上野樹里)

こんな作品にも出演

フジテレビドラマ『監察医 朝顔』(2019年)

フジテレビドラマ『のだめカンタービレ』(2006年)

TBSドラマ『家族ノカタチ』(2016年)

映画『お父さんと伊藤さん』(2016年)

高山誠司役(藤木直人)

こんな作品にも出演

日本テレビドラマ『ホタルノヒカリ』(2007年)
フジテレビドラマ『ラストシンデレラ』(2013年)
映画『信長協奏曲』(2016年)

その他キャストも多数出演

戸次重幸、中村ゆり、浜野謙太、板尾創路、柄本明、ほか

日本ドラマ『グッドドクター』の原作ってあるの?

日本ドラマ『グッドドクター』の原作は2013年に制作された韓国版の『グッドドクター』になります。

日本だけでリメイクされるだけでなく、アメリカでもリメイクされた作品だけあって、今までなかった医療ドラマとなっています。

日本ドラマ『グッドドクター』の主題歌はandropの「Hikari」

ドラマ『グッドドクター』の主題歌はandropの「Hikari」です。

ドラマとマッチしたちょっと切なくもあり、力強さも感じる楽曲ですね。

日本ドラマ『グッドドクター』の動画を全話無料で視聴する方法 まとめ

ドラマ『グッドドクター』の全話動画はFODで無料視聴できます。

FODは月額課金のサービスなんですが、Amazon Pay(アマゾンに登録してるクレジットカードでの決済)で支払うことで、初月は無料で利用できますよ。

無料期間中のいつ解約しても料金がかからないのでお得です。

FOD内の無料コンテンツを好きなだけ見られますし、さらには無料で読める電子書籍もたくさん楽しめます。

自分も過去に戻れるなら、どこのタイミングに戻りたいだろう?、そしてこんなタクシーが本当にあったらいいなと思えるドラマです。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

FODプレミアムを初回2週間無料
トライアル
で楽しむ!

今すぐ無料でお試し

初回2週間無料トライアルの
期間中に解約すれば解約金などは
一切かかりません。
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

FODおすすめポイント
月額料金888円に対して貰えるポイントは最大1300P(無料期間でも!)
アニメや映画、フジテレビ系ドラマやバラエティ30,000本以上を見放題!
FOD独占配信作品やオリジナル配信作品も多数あり
追加料金なしで雑誌が【130誌】以上読み放題!

※2020年7月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

最新情報をチェックしよう!